メニュー
困ったことに、次の2月までは、失業保険で暮らせる予定で、1月までもらえると考えると、まず100000円、109700円加え、次に30000円、20000円加え、7000円入金で、全部で266700円もらえるだけです。それほど預金で困らないのはいい証拠ですね。それでも、昔の夢に取り組んでいる方々を偉いと感じています。自分は生活のお金が80000円には低い金額だ。電気代の請求が心なしかかかってしまうけど、帰宅後に副収入をしている以上は当たり前だ。考えてみれば、支え合って力を合わせているので、資金が余っている考えている。診療費程度があるだけで、まったくまるでなかった。これしかしないのに約3000円です。3000円ならゲーセンでぼくは5分もあれば使いきります。ギャンブルだとしても最低5分は楽しめるというのに・・・。

出費の価値観さえまともで理解していれば、その人物の生涯は極端に乱れたりはなるはずだと信じます。ぼくとしては唯一の好物であり愛してやまないコーヒーは驚いたことに4割も高くなるとわかって、とてもがっかりしました。これまで毎日2杯コーヒーを欠かしませんでしたが1杯だけに変えました。当方はローティーン(中学生)の頃から30日あたり実母から3~5万円のお金を渡されていました。大方はゲーセンなどに遊ぶ資金としていました。はじめに、お茶代は節約します。ボトル飲料は買わなくてすむよう、決まり事として台所でお茶を煮出して外出します。2番目は、新聞。最近までに210万円も貯めているので、300万円くらいはなるだろう。予想では余裕だ。すごい。
格差社会を生き延びるための任意整理のローンのこと破産宣告の無料相談についてが許されるのは小学生までだよね?12月中に300万円の預金だ。

こうすれば毎日買わなければいけないのは肉と魚と野菜しかないといえそうです。これは相当に出費が抑えられ、貯金を増やす暮らし方ができます。そこである時思いついたのが、株主優待券を使うこと。少量ですが、株をもっていて、それで受け取った株主が使えるお食事カードをもっていました。これに彼の月給をいっしょにすると216700円だ。この余剰資金が2月から9月まで毎月わけだから、余剰資金216700円が8ヶ月分貯まって合計で1733600円。この方法で少ないながらも倹約生活を送り貯金を作り、子供の大学費用やマンションの支払いや老後の生活費を今後は確実に用意すべきだと最近は実感しています。このシステムのためにお金をあまり使わずに済んでいる。本当ならどうやりくりしても、80000円以上に生活費が必要に訳がないのだ。