メニュー
初めに巨大な生のままのカニを大きく広げた状態にします、切り易いカタチで、カニ専用のハサミを使ってバッサリ切っていきました。思えば、12月くらいだったのですが、寒い季節で、注文したセコガニ釜飯が寒い体にグッと来て、とにかく安らぎを忘れられません。世間一般の中ではカニと聞くと、有名なズワイガニとかタラバガニや毛ガニ等を思い起こすでしょう。ところが、私が住む岡山地方では主としてワタリガニを思い浮かべます。
現代はズワイガニの冷凍を見失った時代だ誰も知らなかったカニの激安通販献立にかに料理が並ぶ店に、新年家族みんなで訪れるのが、毎年の定例になりました。血縁関係ですし、気兼ねなく箸を使わず食する時もあるんです。

私と弟がまだ未婚でしたので結婚した記念の日に、私及び弟が共に独り身の頃には、父と母とみんなで、カニメニューが充実してる食堂で和風懐石を食べたんです。ワタリガニの美味しさと言えば、メスの腹に付着してる卵付のワタリガニが一番おいしいんですね。どのカニとも似ていなくて、独自の味わい深さを持っているカニと言えます。その後に火を消さずに葉物野菜から加えた後に、そして海藻などをさらっと放り込んだところで、火を一気に強めましょう。いい匂いがみなぎってくるのが分かります。では、とっておきのカニの頂き方、つまるところ甘味成分がたっぷり入ってる、ズワイガニを茹でるのが一番いいですよ。

カニしゃぶで頂く方法は、だし汁を泳がせたらその直後にすぐさま食べる事が可能ですし、その後また、別のカニを茹でて、さっと口へ運ぶなんて感じを、何度もリピートしていくだけでいいのですが、何度も、味わいの違いがお腹の状態に比例して変化を楽しめるのもカニしゃぶのいい点の一つですね。知人が石川県と富山県に暮らしていて、その仲間たちとこぞって、氷見漁港の宿泊施設に泊まる計画をして、カニグルメを楽しみました。料金設定が高いのに、カニの専門食が、注目を浴びて、店内は多くの人で来店してました。圧倒的人気で毎度盛況だった相当でした。たいがいは、次々食べようとコースで申し付けて、焼きガニとかにの天ぷら、生のかに、生のかに、かにみそ、焼きがに、カニ中心の出てきます。